誰からでも良いので、一人が彼の頭上に手をかざす。右手だ。 座っている彼の髪に触れないように、なるべく近づけた形・・・